投稿

3月, 2006の投稿を表示しています

Googleデスクトップ

イメージ
Googleデスクトップ

ファイルやメール、あれどこへしまったのか思い出せないデータの検索に重宝なGoogleデスクトップ。
データが増えるにつれて手放せなくなります。
でもある日気付くとインデックスのサイズが3GBを超え、システムディスクを圧迫しています。

対策が無いか検索すると、



個人の検索インデックスはどこに保存されますか。 個人の検索インデックスは、お客様のコンピュータのハード ドライブにのみ保存されます。 通常は、Google デスクトップのインストール先と同じドライブに保存され、 ほとんどの場合は次の場所にあります。
C:\Documents and Settings\%ユーザー名%\Local Settings\Application Data\Google\Google Desktop Search

現在のところ、検索インデックスの保存先を変更することはできませんが、今後この機能を追加できるよう努めてまいります。

って、おい、それじゃ困るんだよ。Googleデスクトップも使いたいし、システムディスクの空きも確保したい。

実はヘルプにはこんな記述ですが、保存先を変更できるTweakGDSというツールがフリーウェアとして提供されています。

使用方法はこんな感じ。TweakGDSを起動して以下のように操作します。

Googleデスクトップの停止

Googleデスクトップが起動していると変更できないので、「Click here to quit GDS」をクリックして停止します。


インデックスファイルの保存先を変更

画面左の項目から「Index Location」を選択すると以下のような画面が表示されます。(モザイクが掛かっている部分には現在のインデックスファイルの保存先が表示されます)
ここで「To change the index location, click here」をクリックします。


すると、以下のようなダイアログが表示されるので、新しいインデックスファイルの保存先を指定します。
この例ではE:ドライブに「GoogleIndex」というフォルダを作成して選択しています。


Googleデスクトップの再起動

インデックスファイルの保存先が変更されると以下のような画面になります。(インデックスファイルのサイズにもよりますが、ここまで数分掛かります)
ここで画面下部の「Click he…

エラーメッセージの英訳を調べる

Microsoft製品が表示するエラーメッセージの英訳というか、正確には日本語に訳される前のオリジナル(つまり英語)のメッセージを調べる方法に関してのメモ。
元ネタはアットマーク・アイティのこの記事から。 

用途としては、

・原文で書かれた(つまり英文の)情報を探す。
日本の情報で適切なものが見当たらなくても、英文ではすでに対策などが公開されているケースがある。

・海外とのやりとり
海外の開発会社へエラーの照会。日本語のメッセージを英訳し直すよりも正しい原文を使うのが適切。


で、実際のやり方としては、

1.対訳データを入手する
Microsoft社のftpサイトから英語と各国語の対訳データが入手できるので、ここから日本語(Japanese.zip)をダウンロードする。

2.対訳の検索
Japanse.zipを展開後、コマンドプロンプトでそのフォルダ移動して以下のコマンドで検索する。

find "日本語のメッセージ" *.csv

※Googleデスクトップなどの検索ツールがインストールされていれば、そちらで調べる方がおそらく簡単!(クロールされるまでしばらく待つ必要があるけど)