VS2008(SP1)でElementに説明文を追加する

スキーマを作る際にElementに説明文(documentation)を追加する方法。

VS2008のXML Schema エディタで説明文を追加しようとしたらやり方がわからない。
このエディタってLiquid XML StudioのOEMだったはず。オリジナルのエディタで出来るのに、VSで使えないのは制限されているのか? とか思ってたら単なる見落としでした。
でも、ちょっと操作がわかりにくいのでまとめ。

1. エディタ上でElementを選択する。
とにかく、なんでもいいのでElementが選ばれていないと次のステップに進めません。

2. [表示]メニューから[その他のウィンドウ]を選び、[Schema Item Documentation]を選択する。

3. 以上で、画面下部に「XSD Documentation」ウィンドウが表示されるので、説明文を追記する。



コメント

このブログの人気の投稿

TabError: inconsistent use of tabs and spaces in indentation

マクロを含んだ.XLSがExcel2010で開けない

using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。