投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

Windows Virtual PC

イメージ
Virtual PC 2007の仮想マシンをWindows7で利用する VistaからWindows7へのアップグレードに伴って、いままで使っていたVirtual PC 2007からWindows Virtual PCへ仮想マシンを移行する方法。 .vmcファイルをインポートできない(?)ようなので、仮想マシンを作りなおしてみました。 1. 仮想ハードディスクファイル(.vhd)の移動 Virtual PC 2007の仮想マシンのフォルダから.vhdをWindows Virtual PCのフォルダへ移動する。 移動しなくても新しい仮想マシンで使えるので、このステップは無視してもOK. なんとなく標準の設定と異なってしまうのが嫌な人だけ、このステップの作業を行って下さい。
以下、仮想マシン「XP 英語版」の移行例
【Virtual PC 2007】 C:\Users\"ユーザー"\Documents\My Virtual Machines\XP\XP 英語版 Hard Disk.vhd
【Windows Virtual PC】 C:\Users\"ユーザー"\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン\XP 英語版 Hard Disk.vhd
※:上記の"AppData"フォルダは通常は表示されないので、フォルダオプションを変更して表示してください。
2. 仮想マシンの作成 「スタートメニュー」から「Windows Virtual PC」を選択し、表示されるフォルダで「仮想マシンの作成」を選択する。

仮想マシンの名前を入力
メモリサイズの指定
「既存の仮想ハードディスクを使用する」を選択して、先ほどフォルダを移動した既存の.vhdファイルを指定する。

無事に仮想マシンが作成された!
アイコンをダブルクリックして、仮想マシンが起動したら「ツール」メニューから「統合コンポーネントのアップグレード」を選んでWindows Virtual PCに必要なコンポーネントをインストールする。 以上で作業終了。

Windows7がドメインに参加できない

新しいPCが届いたのでセットアップ。 組み立ても終わり、電源を入れてWindows7が起動。ところが社内のドメインに追加しようとしたらいきなりエラー。 「参加しようとしているドメインのドメイン コントローラーのDNS名を解決できませんでした。 このクライアントが、対象のドメインでDNS 名を解決出来る DNS サーバーに到達できるよう構成されていることを確認してください。」
はて?なんかクライアントの設定が必要らしい。これってWindows7から?なんか納得できないが、ひとまずネットでググるとクライアントPC(新しいPC)のDNSの参照先をドメインサーバーにするといいらしい。早速試してみると、またもや同じメッセージ。なんで?
しばらく沈思黙考。クライアントからDNSを参照できていないのは。。。、もしかして!
サーバー(Windows Server 2008)の設定を確認してみたら、DNSが設定されていないのに気付く。DNSを設定して、再度クライアントからドメインの登録を行うと、無事に登録完了。

Fedraのバージョンアップが終了する

イメージ
昨年末から続いていたFedoraのアップグレードがようやく終了。(本当に終了したのかな?)Fedora Core 3からFedora 12まで、ほぼ一ヵ月。長かった。アップグレードはまめにやらないと駄目だね。
アップグレードの教訓 yumよりDVD yumを使ってアップグレードするとパッケージの整合性で結構な確率でエラーが出る。それに時間がとっても掛かる。使っているパッケージによってはyumの方がいいケースもあるかもしれないけど、作業効率からいうとDVDを使ってアップグレードするほうがだんぜん楽。 ただ、これはあくまで数人程度で使っているサーバの話。大規模なシステムだと事情も変わるんだろうなぁ。 12にアップグレードして良かったこと 対応CPUがi386からi686になったことでパフォーマンスが良くなった。これは明らかに動きが軽くなってる。 それと余談だけど、普段使っているツールの設定方法をおさらいできた。安定している状態だと、そもそも最初に設定したっきりでいじることがない。それで今回は設定思い出すのにかなり手間を取られた。これも定期的にアップグレードしておくと、効率が良さそう。

Tracのアップグレードに関してのメモ

またまたFedoraにまつわるネタです。昨年末Fedoraのアップグレードにまつわるドタバタをブログに書きました。アップグレード後直後にSambaにアクセスできないという事態に見舞われたものの、これはファイアウォールの設定変更であっさり解決。でも、これを見つけるまでずいぶん時間が掛かってしまって、ひやひやしました。業務で使うデータが載っていたので気が気じゃなかった。 どうもFedoraってアップグレードすると設定が既定値に戻ってしまうようですね。これってLinux全般に言える話なんだろうか?心臓に悪いです。
つづいて今度はTracです。Fedoraのアップグレードに伴い、Tracも0.8.4から0.10.4へアップグレード。これまたアクセスできません。仕方なく調べ始めるとTracの設定もずいぶん変わってます。というか単にこちらが今まで知らなかっただけなのか?CGIだけだと思い込んでたけどpythonで処理できんだね。 必要なパッケージをインストールして、どうにかこうにか動くようになりましたが、少々データベースのアップグレードが厄介だったのでメモ。
0.8.4から0.10.4へはTracのデータベースが変更されているためアップグレードが必要になります。 これにはやることが2つあって、一つはTracが使用しているsqliteのバージョンが2から3に変更されているのに伴うデータベースのアップグレード。そうしてもう一つはTracのバージョンによるデータベースのアップグレード。 以下、順番に次のようになります。Tracのプロジェクトのパスが/srv/trac/foobarとした例です。 詳しくはここここを参照しています。 sqlite2->3へのアップグレード データベースを変換作業用にsqlite2をインストールします。 # yum install sqlite2
次にTracのデータベースをsqlite2から3へ変換します。 # cd /srv/trac/foobar/db # mv trac.db trac2.db # sqlite trac2.db .dump | sqlite3 trac.db
これで変換は完了。trac2.dbという名前で以前のデータベースが残りますが、これはTracの動作を確認してから消しましょう。

Tracのデータベースをアップグレード # trac-admin /s…