さよならGoogle デスクトップサーチ その2

前回からのつづき

Googleデスクトップサーチの終了に伴い、Windowsサーチを使い始め、ようやくインデックスの設定が済んだと思ったのも束の間、別の問題に直面する。

ソースコードの中身が検索されない。。。

正確に言うと、FORTRANのソースコードの中身が検索されていない。これはホント困る。山のようにあるFORTRANのソースコードの検索は日常茶飯事。もう一度言うけど、これが検索されてないとホント困る。

動きをみていると、デフォルトだとFORTRANのソースコードは中身まではインデックス化してくれないようです。(ちなみにC++のコードは対象になってる)
設定を調べると、やっぱり思った通りで、ファイルの名前までしかインデックス化されていないようです。

「インデックスのオプション」で「詳細設定」ボタン、「詳細オプション」の「ファイルの種類」タブで設定を変更。
FORTRANの拡張子(f90, f, forなど)を選択して「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」をクリックして設定します。

再びインデックス化の作業が始まる。時間かかるなー。

果たして、これで今度は、うまくゆくのか?


コメント

このブログの人気の投稿

TabError: inconsistent use of tabs and spaces in indentation

ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復

マクロを含んだ.XLSがExcel2010で開けない