投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

ヤスダ式勉強法

イメージ
アプリケーションのドキュメント(英文)を読んでたら分けわかんなくなってきたので、図に起こしてみる。 図を描くと頭にストンと落ちる、気がする。

建物のように形状に関わるものとか、データの流れとか、テキストだとちょっとイメージしにくい。ましてや英語だ。こういう時は記述を確認しながら図に起こしてみるとすっきりする。

というか、しばらくして忘れてしまっても、図でみると、やっぱり一目で思い出せていいですよね。


SketchUpの推定機能をロックする

イメージ
図形を移動とかコピーする際に、軸方向に固定したいケースってありますよね?
SketchUpではどうやるのか調べたら、「推定機能をロックする」、もしくは「ロック機能」っていうらしいんですが、これ名前からだと意味が判らない。
でも使い方はいたって簡単で、カーソルに軸方向のロックが割り当ててあるので、動かしたい軸のキーを押せばOK。

以下、SkechUpのヘルプからの抜粋
[線] ツール、[移動] ツール、[メジャー] ツールを使用しているときに以下のキーのいずれかを押したままにすると、推定方向を特定の軸方向に拘束できます。
右矢印キー = 赤い軸
左矢印キー = 緑の軸
上下矢印キー = 青い軸

抜粋ここまで。詳しくはヘルプページを参照。
例えば、図のような箱状の図形から切り妻屋根を作るとします。
「移動」ツールを選んで、棟になる部分を持ち上げて作ろうとしますが、この場合、Z軸方向に移動したいのに、なかなか軸が定まらないことがあります。(まっすぐ持ちあげたいの斜め方向に上がってしまう)
ここで、キーボードから上向き矢印(↑)をクリックすると、青い軸方向(Z軸方向)に移動がロックされます。 あとは、キーボードから立ち上げる距離を入力してあげれば切妻屋根の出来上がりです。

SketchUpで平行線を描く

イメージ
SketchUpで通り芯のような平行線を描いてみます。
割りと建築の図面だと下書き線としてグリッドを描くんですが、それっぽいコマンドが見当たらないので、ガイドラインを使って描いてみます。

描くのはY軸と平行に1m間隔で10本の平行線です。

1. 一本目のガイドを描く
「メジャー」を選んで、Y軸上(緑色の線)をクリックして、マウスを横に引くと赤い矢印とともに平行な線が現れます。ここで、キーボードから"0"を入力します。
 すると、Y軸上にガイドラインが一本描かれます。これをコピーして平行線を作図します。

2. ガイドラインをコピーする
「移動」ツールを選んで、Ctrlキーを押しながら、さきほど描いたガイドラインをクリック、マウスを横に引くとガイドラインが表示されます。
ここで、キーボードから"1"を入力します。
 すると、最初のガイドラインから1mの位置にガイドラインがコピーされます。
ガイドラインがコピーされたのを確認したら、次にキーボードから"x10"と入力してコピーを10回繰り返します。
すると、さきほどのコピーが10回繰り返されます。
これで平行線10本の作図のできあがり。

X軸方向で同じ事を繰り返せば、10x10のグリッドのできあがりです。

視点を変える

イメージ
稟議書が嫌いです。
もうずいぶん前。まだまだ新人だった頃の話です。たぶん就職して2,3年目のある日の上司からの一言。

「稟議書書いといて」
な?何ですか、それは?いきなりな仕事の命令。ここで断っておくと、それ書くの俺ですか的な稟議書でした。それ欲しがってんの俺じゃないし。

その当時、というか今でもそうだけど、真面目な文書って書くのがすっごい苦手です。つか、なんで、いきなり稟議書?もう、今となってはどういう理由でそうなったかは思い出せないが、忙しいさなかに、何いってんだこいつは!このバカタレ(部長です)というのが当時の心境。

とは言え、新人の身。なんかすっごい苦労して稟議書を書いた。そんなことがあったため、しばらく稟議書が鬱陶しかったのは言うまでもない。

ところが、しばらくしたある日のこと。当時、ちょっと尊敬していた(いまでも尊敬しているけど)と話をしてて稟議書の話になった。

「僕ね、稟議書書くの好きなんですよ」 「えー、またなんでですか?」 「だってさ、欲しい物を買ってもらえるから」
なるほど、自分が欲しい物を堂々と会社の予算で買える。そいう意味じゃ稟議書って無敵の書類。だって役員はおろか社長印押てるし、万が一、ヘタレな結果になっても一連託生。そういう意味じゃ、いい書類だ。

目からウロコが落ちた。

人生を変えた一言というには大げさだが、ちょっと物を見る目が変わった瞬間でした。

WiMaxからEMOBILE LTEへ乗り換えたよ

イメージ
WiMaxの契約更新時期なので、EMOBILEへ乗り換えるか、しばらく前からあれやこれや悩んでましたが乗り換えました。

だってね、やっぱり速度が速くて範囲が広かったら、そりゃ乗り換えるでしょ、やっぱり。

でも、最後まで決断を鈍らせていたのは契約期間。WiMaxが1年なのにEMOBILEだと2年。いわゆる2年縛り。その点なんとかならいものか?

まあ、でもWiMaxを継続する気にもならず、もう縛って縛ってEMOBILEという事で契約。
PocketWifi LTE GL04P
お試しで借りたルーターより一世代新型。使ってみると、これがバカッ速い!もしかして据え置きのルーターに繋いでんじゃないかと思うほどの速さ。計ってみると、あっさり16Mを叩きだす。(バラつきがあって、遅い時はこれの半分ぐらい)
先月よりアンテナの整備が進んでいるのかも知れないが、これならすっごい快適。
なんか、レスポンスもいいなと思ってたら、レイテンシが明らかに違う。今まで使っていたルーター(下図)と比べると4倍ぐらいレイテンシの値がいい。
通信方式の違いか?つかLTEの方が技術的に新しいから、こういうところも良くなってんのかな?
まあ、なんにしても満足であります。

2012/7/11追記
会社だとなぜか3~4Mと低いスピードです。ま、仕事中は使わないから実害はないんだけどね。都内でも、まだまだバラつきがあるようです。

スタバのwifiサービスをiPadで使ってみたよ

イメージ
今日から始まったスタバのWiFiサービス。早速使ってみました。

まずはユーザー登録。自宅から事前にスタバのサイトにアクセスして、申し込み手続き。
(店舗から手続きしようとすると、有料プラン(ワンタイムプラン)を使う必要があるので、事前にやっときましょう)
メールアドレスとパスワードを入力して「利用規約に同意する」にチェックして「確認」をクリックする。
再確認の画面が表示されるので、メールアドレスを確認したら「確認」をクリック。これで仮登録が完了。
すぐに登録したメールアドレスに確認メールが届くので、そこに書かれているリンクをクリックしたら登録完了。


ここからはスタバの店舗での作業。
「設定」でWi-Fiのリストから「at_STARBUCS_Wi2」を選ぶ。
登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」 簡単ですね。これであとはネットが使えるようになります。

スピードはと言うと。。。
下りは8Mほど。そこそこ速い。ブラウザを使うには十分快適です。


でも、上りは見るも無残な値です。
スタバでバリバリ仕事して、データをアップなんてのには向かなそうですね。

他の店舗でも、こんな感じなのかな?
まー、スタバではゆっくりコーヒーでも飲めと。そういうことかな。