Kindle Paperwhiteがやってきた

予約してあったKindle PaperwhiteがAmazonから届きました。
ということで、開封の儀。

いつもの段ボール箱じゃなくて、専用パッケージで届いた。
開けてみると。すでに画面表示中。e-Inkだから当たり前なんだろうけど、ちょっと不思議な感じです。
 本体とUSBケーブル。充電用のACアダプタは付属しないんだね。今頃気づいたよ。
 そして電源オーン。
まずは、言語設定。

さっそく、初期設定が始まる。

 そしてWiFiの設定。
ネットの接続がうまくいくと、IDとか入れていないのに自動的に名前が表示されます。(出荷時点でAmazonのIDが設定されている)
メールアドレスとか、パスワードの入力しなくて済むので簡単です。
 設定が終わると使い方の説明が始まる。簡単です。
手に持った感じは、数字以上に重い感じがします。 なんちゅーか、中身が詰まった感じの重さを感じます。
念のため重さを計ってみました。スペック通りの210gほどの重さです。
比較のために身近なものの重さを計ってみました。
トイレットペーパーは1ロール125g。2ロールで、ちょっと使ったぐらいでKindleと同じ重さです。
缶ビール360g。風呂あがりに、プシュっとして、一口ごくごく行った後ぐらいでKindleと釣り合う。
あんまり意味のないことしてしまいました。話を戻すと、思ったより密度がある感じがします。

取説の画面を終了すると、すでに購入済みの本がダウンロード済み。読み始められます。
文字もくっきりしてて読みやすい。
使ってみるのが楽しみです。

コメント

このブログの人気の投稿

TabError: inconsistent use of tabs and spaces in indentation

ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復

マクロを含んだ.XLSがExcel2010で開けない