Visio2013にしたら既存ファイルが開けない

Visio2013にバージョンアップしたら、既存のファイルが開けない。設定変更で開けるようになるんだけど、ちょこっと悩んだので備忘のためまとめます。

「セキュリティ センターのファイル制限機能の設定でプロックされている種類」


ファイルを開こうとするとこんなメッセージが表示される。ご丁寧に設定変更の方法まで表示してくれます。
で、手順通りに設定を変更開始。
まずは「ファイル」タブを選んで「オプション」クリック。
「Visioのオプション」の画面で「セキュリティ センター」を選んで、「セキュリティ センターの設定]ボタンをクリック。

「セキュリティ センター」の画面で「ファイル制限機能の設定」を選んで、開きたいファイルの種類のチェックを外します。
チェックボックスの項目に「開く」とか「保存」ってラベルがあるので、チェックしたら開けるように思えるんですが、よーく見ると、下の方に「選択した形式のファイルを開かない」ってラジオボタンがあります。つまり、チェックしたら開かないって意味ですね。しばらくこれに気づかずに悩んでしまいました。
ということで、もう一回いいいますがチェックを外すです。


インターフェース的に紛らわしいな~と思うわけです。このお陰でしばらく悩んだぞ。まったく。


コメント

このブログの人気の投稿

TabError: inconsistent use of tabs and spaces in indentation

マクロを含んだ.XLSがExcel2010で開けない

using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。