投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

なぜか2度目の実行でiPad mini がフリーズする

イメージ
ぽちぽちと慣れない手つきでHello World的なアプリを書いて、新しく届いたiPad miniで実行すると、なぜかiPad miniがフリーズ。
Could not launch  failed to get the task for process -1 でも、一回目はちゃんと動く。ちょっとソースコードを直して、2回目の実行で、いきなりこれが出てiPadがフリーズする始末。初心者には激しい洗礼です。慣れてないんだから勘弁してよー。

あれこれ調べたら、ちょっと違うんだけど、似たような現象の対策を見つけたので試してみる。
これ↓
xcodeでアプリをrunしても「could not launch」と表示されてアプリが起動しないとき

やってみたら無事解決。

iPad miniにGmailが設定できなくて焦る

イメージ
gmailのアカウントをiPad miniに登録しようとしたら、なんかエラーが出た。
メールを取得できません。 ユーザー名またはパスワードが間違っています。
パスワードを間違えたかと、入れ直してもやっぱりエラー。もしかして、パスワード間違って覚えてるとか?
ちょっと焦ったが、良く考えたら2段階認証を設定していたことを思い出した。
2段階認証だと、アプリケーション用に固有パスワードを設定しないといけないのでした。

アプリケーション固有のパスワードを使用してログインする

ということで、解決。

iPad mini retina購入記 ついに届いた

イメージ
前回からのつづき
2013/11/22 まさかの遅延通知から2日、ようやく届きました。

遅れたものの、結果的には購入時の日程通りに届きました。長い道のりだった。

しかし、Retinaって画像がキリッとしてていいですね。

iPad mini retina購入記 そして遅延の連絡が届く

イメージ
前回からのつづき
2013/11/20 国内到着 どうしたことか、11/18日以降、深センから2日ばかり動く気配なし。どうしたのかと思っていたら、いきなり動き始めて、あっという間に国内到着。

 こりゃ明日には配達か?と期待していたら、こんなメールが届いた。
あ、そうですか、やっぱり遅れが出ていたんですか。そうですか。少なくとも明日じゃないようです。

つづく。

iOS Developerへの道:D-U-N-S Numberが要るのだね

イメージ
iOSのDeveloper Programの加入方法調べていたら、企業だとDUNS Number(ダンズナンバー)が要ることが判明。
DUNS Numberって国際的な企業コードなんですが、まれに取引先から要求される事があります。欧米の政府系の組織とかが多いんですが、ここ何年か、そういう取引もなくて、番号どこ行ったっけ状態。
失効してたら再取得するのか、面倒くさいなー、と思いつつ調べてみたらアクティブな状態で残ってました。

更新の手続きとかあったような気がしてたのですが、一度登録すると、ずっと残っているようです。(問い合わせは有償だったりするので、そこの収益で上がるから登録情報は消さないってことかな?)

これで一手間減って何か得した気分であります。



iPad mini retina購入記 出荷予定 5-10日

イメージ
2013/11/12 突然の発売開始 会社の帰り道、iPad mini retinaの発売日いつだろーねー、とか話してて電車乗ってニュースチェックしたら発売開始とか!
オンラインストアで早速ぽちる。
出荷まで5-10 営業日か、待ち遠しい。

2013/11/13 出荷予定にぬか喜び 翌日、Apple Storeからのメールを見たら、出荷予定が1-3営業日に変わってる!
5-10 営業日じゃなかったのか?嬉しい誤算?とか思って待ってたら、一向に来る気配がない。どうも一緒に頼んだWi-Fiスポットの出荷予定だった疑いが濃厚。
すでに手続き完了になっているので、どうもそうだったらしい。紛らわしい。そりゃ手続きだけなら1-3日で済むよね。

2013/11/18 「出荷準備中」 出荷案内がこないなー、と思ってたら、ようやく「出荷準備中」のフラグ。
もうちょっとだなー。って、思ってたら夜になって出荷案内が来た。出荷完了!
で、どこにいるか確認すると。。。
中国は深センから出発した模様。遠いな。。。しかし、配送はクロネコヤマトなんだな。
ちなみに深センを地図で確認すと。。。
台湾のちょっと先、香港の近く。んー、何日かかるんだろ?

つづく。