Gitリポジトリをローカルに作成する

ちょっとしたプロジェクトでGitリポジトリを使いたかったので、ローカルにリポジトリを作成する方法をまとめました。

以下、Windows10の環境でTortoiseGitを使った作業例です。

Gitリポジトリをローカルに作成する

ローカルとかいいながら、社内のサーバにリポジトリを作成します。

リポジトリを作成するフォルダ:\\xxxxx\yyyyy\Projects\◯◯研究所\ebisu

  1. サーバのフォルダへリポジトリ用のフォルダを用意する。
  2. そのフォルダへ移動して右クリックで「Gitここにリポジトリを作成」を選択。
\xxxxx\yyyyy\Projects\◯◯研究所\ebisu を作成して右クリック
\xxxxx\yyyyy\Projects\◯◯研究所\ebisu を作成して右クリック
  1. 「Bareを生成(作業ディレクトリーを作りません)」をチェックする。
  2. 「OK」ボタンをクリック。
Bareをチェックして作成

図のようなメッセージが表示されたらリポジトリの作成は終了です。

リポジトリが初期化されて関連フォルダが作成される
リポジトリが初期化されて関連フォルダが作成される

クローンを作成する

作成したリポジトリをクローンする。

  1. クローン先のフォルダ(この例では”C:\Work”)で右クリックして、
  2. 「Gitクローン(複製)」を選択する。
クローン先のフォルダで右クリック
クローン先のフォルダで右クリック
  1. URLの項目へリポジトリを作成したサーバのパスを入力する。
  2. クローン先のディレクトリ名を確認して、
  3. 「OK」をクリックする。
リポジトリをクローンする
リポジトリをクローンする

以上でリポジトリがクローンされるので、後は普段と同じようにGitでファイルを管理すればOK.

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 1803)
TortoiseGit 2.8.0.0
Git 2.22.0