Grasshopper コンポーネントにアイコンを追加

公開されているサンプルを参考にGrasshopperコンポーネントを作ってみたのですが。。。

Simple Component

アイコンがないと、なんだか落ち着かない。

ドキュメントを調べるとIconプロパティをオーバーライドしてアイコンを定義してやれば良いことが分ります。

Override this function to supply a custom icon (24×24 pixels). The result of this property is cached, so don’t worry if icon retrieval is not very fast.

GH_DocumentObject.Icon Property

ということでアイコンの定義方法のメモ。

アイコンを準備する

24×24ピクセル(PNG形式)を準備します。PNG形式なら何でも良いようなので、画像データを用意します。

この例では、emoji_laugh_smile.png という名前でファイルをプロジェクトに追加しておきます。

プロジェクトにリソースを追加する

Visual Studio 2022を使っているのですが、以前のVSとプロジェクトの設定画面が変わっています。

  1. VSのメニューから[プロジェクト]-[プロパティ]を選択
  2. リソース」、「General」タブで、「アセンブリ リソースを作成/開く」をクリックしてResource.resxを追加

アイコンをリソースへ追加

  1. Resource.resxを開いて、
  2. ドロップダウンリストから「イメージ」を選択
  3. アイコンのファイルをドロップする

Iconプロパティのオーバーライド

リソースへアイコンを追加できたら、あとはIconプロパティをオーバライドします。リソースを使って、次のようにアイコンを返すように記述します。

起動

ビルドしたら、いよいよ起動です。Rhino、Grasshopperが起動してアイコンが表示されたら成功です。

しかし、もうちょっとちゃんとしたアイコン用意するんだった。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows11 Pro(64bit, 21H2)
Visual Studio Professional 2022(17.0.5)
Rhino 7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。