Rhinoプラグインのアンインストール

Rhino7からパッケージマネージャーでプラグインのアンインストールできるようになったようです。

が、しかし、自分で書いたプラグインを削除しようとしたら表示されません。試しに書き散らしたプラグインを消したいんだが、はてどうしたらいいの?

プラグインの本体を削除する

パッケージマネージャでは、開発中のプラグインなど、直接インストールしたプラグインは対応していないようです。

仕方ないので、なんか荒っぽい感じがするがプラグインの本体(.rhp)を削除します。

  1. PluginManagerを起動して、「プラグイン」が選択されているのを確認する
  2. 削除したいプラグインを選択して右クリック
  3. 表示されているメニューから「プロパティ」を選択する
  1. ファイル名をクリックする

エクスプローラーが開いて、.rhpが格納されたフォルダが表示されるので、ここでRhinoを終了。(Rhinoが起動したままだと.rhpが削除できないので終了する)

その後、ファイル(.rhp)を削除する。

レジストリの削除も必要?

基本的に.rhpを削除すれば良いようですが、レジストリにはプラグインの登録情報が残ったままになっています。

プラグインの開発中は、これも念のため削除するのがいいかも?

以下、レジストリの削除は自己責任で!

レジストリの情報は、さきほどファイルを確認した画面の下部に表示さています。ここをクリックすると、パスがクリップボードにコピーされます。それを参考にレジストリエディタを使って削除します。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 20H2)
Visual Studio Professional 2019(16.8.3)
Rhino 7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です