Windows2000からXPのバージョンアップではまる

Windows7だって時期に、今更何言ってんだって感じですが、社内で最後のWindows2000をバージョンアップしようとしてはまりました。
Windows2000でXPのSetup.exeを起動して、再起動するとCD-ROMドライブを見つけられないというメッセージが表示される。仕方なく、バージョンアップをキャンセル、この時点でWindows2000も立ち上がらない状態に陥る。(アイタタタ)
Windows2000のCD-ROMを引っ張り出して復元を試みるが、回復せず。ダメついでに再度復元を試みたら、これは何故か成功。なんで?
ひとまず、ほっとしたところで再度XPのバージョンアップに調整。CD-ROMが破損している可能性を考えて、別のCD-ROMで挑戦するも、やっぱりダメ。同じようにCD-ROMドライブが認識されない。
再度Windows2000の復元。これも何故か2回繰り返さないと復元できなかった。
と、ここまで来て、そういやハードディスクからバージョンアップを実行する方法あったのを思い出して試してみる。(CD-ROMの内容を、まるごとハードディクスにコピーして、そこから実行するだけなんだけどね)
ドキドキしながら待つこと数分。今度は再起動後も無事に処理が進み始める。その後、いくつか古いドライバーで警告メッセージが出たけど、オーディオ関係とか、あんまり重要じゃないやつだったので無視して続行。無事に終了しました。
長い作業だった。丸一日が潰れる。