Ryzen専用電源プランというのがあるらしい

初めて自作したPCを使い始めて2週間が経過。基本的に快適に動いていますが、ときどきフリーズまでは行かないけどカクつく事がある。

アプリケーションの反応が鈍くなって、1分ぐらいすると復帰するってことが2,3回。

具体的にはエクスプローラーが反応しなくなって、しばらくしたら復帰した。あとはブラウザ(Chrome)も似たような動きをしたことがあった気がする。

Ryzen専用電源プラン

手掛かりを探してググっていたら、Ryzenには専用電源プランというか、チップセット用のドライバーがあるようです。まあ、そりゃあるよね。普通に動いてたからまったく気にしてなかったけど。

早速、マザーボードのチップセット(B550)に合せて、AMDのサイトからチップセットドライバー(B550用)をダウンロード。

B550用のチップセットドライバーをダウンロード

インストーラーを起動すると、なんか、いっぱい項目あるんですが。

デフォルトで全部チェックしてある。まあ、デフォルトは正義なので、全部インストールする。

念のため再起動して、電源オプションを確認すると、確かに専用の電源プランになっている。

結果は?

ドライバーを入れた直後で、フリーズっぽい現象がなくなるかは未確認。(というか解消したら確認できないか)

タスクマネージャを眺めていたら、負荷に応じてクロックのブーストが掛りやすくなっている気がする。あまり4.0GHzを超えることはなかった気がするんだけど、突発的な負荷があると超えている。良い感じです。

4.0GHz超え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です