CPUファンを導入

はじめて組み立てたPCですが、CPUファンはリテールファンで十分って思っていましたが換装しました。

動画の書き出し処理をしてみたら、CPU温度があっさり90℃を突破。タスクマネージャーを見るとCPUの使用率が100%に張り付いていて、フル回転してます。

普段使っている分には、ここまで高温にならないのですが、それにしても、さすがに90℃台はきつい。

虎徹マーク2

ということで、早速CPUファンを換装しました。新しいCPUファンは売れ筋で評判も良い「虎徹マーク2」。

ヒートシンクって、エンジンというかラジエーターみたいですね。目的は同じだから似た形状になるんでしょうけど、オイルの臭いがしてきそう。よく冷えそうです。

CPUファンの効果は?

動画書き出しを試すと、最高でも81℃まで下がりました。リテールファンとの比較で10℃以上低く抑えられています。なかなか良い感じです。これで安心して動画が扱えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です