RhinoCommonをインストール

概要

Rhino 7 (Windows版)でVisual Studio C#の開発環境を整える手順のメモです。

Visual Studio 2019の拡張機能としてRhinoCommonをインストールする方法と、既存プロジェクトへRhinoのNuGetパッケージ(ライブラリ)を個別にインストールする方法を解説します。

以前に書いたRhinoのプロジェクトを開いたら、ライブラリが認識されていない。

Rhinoが認識されていない

はて?とか思ったんだが、よく考えたら前に作業したときからPC入れ替えていた。つまり、Rhino本体のみインストール済みで、Rhinoの開発環境が何も入っていない状態です。

RhinoCommonのインストール

サンプルはC#を使ったPluginのため、RhinoCommonの環境をインストールします。

とはいえ、ライブラリのインストール方法をすっかり忘れていたので、手順をメモしておきます。

RhinoCommon GuidesのサイトのGetting Startedにインストール方法がまとめられているので、これを参考にインストールします。

英文なので、ポイントだけまとめると以下の手順です。

RhinoCommonはVisual Studioの拡張機能として提供されています。まずVisual Studioを起動して、メニューから[拡張機能]-[拡張機能の管理]を選択します。

「機能拡張の管理」の画面が表示されたら、次の順で機能拡張をインストールします。

  1. 「オンライン」の項目を選択
  2. 検索ボックスに「RhinoCommon」を入力
  3. 機能拡張のリストから、「RhinoCommon templates for v6」を選択する※
  4. 「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードを開始する

※Rhino 7で使いたいんだが、まだリリースされていないっぽい。

ここで良く見ると、画面の下にメッセージが表示されています。

メッセージに従って、Visual Studioのウィンドウをすべて閉じます。というか、VSを終了します。

すると、機能拡張のインストールの確認画面が表示されるので、「Modify」をクリックしてインストールを開始します。

機能拡張の更新が始まって。。。

次の画面が表示されたら終了です。

確認のため、「新しいプロジェクトの作成」を実行すると、RhinoCommonのテンプレートが追加されているのが分ります。

これでRhinoのライブラリが参照できるようになったはず、っとプロジェクトを開き直したら、やっぱりライブラリが見えていない。

RhinoCommon、Rhino.UI、Etoの3つのライブラリが参照できなくなっている。

NuGetでパッケージをインストール

どうもプロジェクトからライブラリが見えていないようなので、NuGetで個別に入れ直すことにします。

ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選んで右クリック、表示されたメニューから「NuGetパッケージの管理」を選択する。

  1. 「参照」タブを選択
  2. 検索の項目へ「Rhino」を入力する
  3. 「RhinoCommon」のパッケージを選択する
  4. 「インストール」ボタンをクリック

確認画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックする。

今度はライブラリがちゃんと参照できている。

まとめ

  • 「機能拡張」はRhinoCommonのテンプレートをインストールする
  • 既存のプロジェクトはNuGetでRhinoCommonをインストール

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 20H2)
Visual Studio Professional 2019(16.7.1)
Rhino 7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です