これがGen4 SSDの実力か!

ストレージが足りなくなってきたのでSSDを増設しました。

M.2スロットの仕様を確認すると。。。

マザーボードにM.2のスロットが1コ空いていたので、そこに1TBのSSDを新規に追加。ただし、説明書で仕様を確認すると、メインのスロットと仕様が異なるようです。

スロット仕様
M2_1Gen4x4(64Gb/s),Gen3x4(32Gb/s)
M2_2Gen3x2(16Gb/s), SATA 6.0Gb/s

数字で見ると4倍も速度に開きがある。この速度がどれぐらい影響するか気になるところです。影響が大きいようならM.2増設用のボードを用意しようか考えつつ増設開始です。

1TB SDDを追加

用意したのはすでにメインで使っているSSDと同じCSSD-M2B1TPG3VNF(Gen4, 1TB)。スロットに合せてGen3のSSDにしようかとも思ったけど、どれぐらいアクセス速度に影響するか気になったので、敢えて同じSSDを選んでみた。

余談ですが、Gen4のSSDをGen3に突っ込んで大丈夫なのか気になりますが、互換性があるので大丈夫なようです。

ヒートシンク装着。今回選んだのはアルミ製の廉価なタイプ。熱伝導シートを挟んでSSDとシリコーンリングで固定します。

そして、マザーボードへ取り付け。はじめヒートシンクを逆向きに付けてて(上の写真)、付け替えるときにエッジでシリコーンリングを傷つけてしまった(良く見ると左側のバンドが切れかけてます)。補強のためモビロンバンドを巻いてかっこ悪い事になっている。大丈夫か、これ?

速度比較

CrystalDiskMarkで計ってみると、やっぱりGen4, Gen3の仕様の差は歴然です。

まず、SSDの仕様を確認しておくと、そこそこ速い仕様です。

  • Seq.Read Max 5,000MB/sec
  • Seq.Write Max 4,400MB/sec

Gen3x2スロット(増設したSSD)

スロットの仕様上は最大1600MB/sですが、1731MB/sも出てるのは何だろ?マザーボードが優秀なのか?

とはいえ、やはりSSDの性能は出し切れていない結果です。これは後述するGen4x4と比べて体感できる物なのか?

Gen4x4スロット(既存SSD)

Read、WriteともにGen3x2との差が圧倒的ですね。もろにスロットの差が出ている。シーケンシャルのRead, WriteだとSSDの仕様の上限に達している。やっぱりGen4って速いんですね。

Gen3に比べてシーケンシャルでは倍以上の速度が出ている。ランダムだとほぼ同じような傾向。このあたりが体感的に感じられるかですね。アプリにもよるけど普通に使っていたら気付かないかも?

まとめ

  • やっぱりGen4x4は速かった
  • ランダムアクセスは同じような傾向
  • M.2増設ボードはすこし使ってみてから考える

ということで自作PC、ver.2021.5の構成はこうなった。

パーツメーカー
マザーボードASRock B550M Steel Legend (MicroATX)
CPUAMD Ryzen 5 5600X(6コア、12スレッド)
CPUファン虎徹 MarkⅡ
メモリCrucial DDR4-3200 32BG(8GBx4)
CT2K8G4DFS832A
ストレージ・M2_1スロット(Gen4x4)
CFD M.2 – 2280 SSD(Gen.4、1TB)
CSSD-M2B1TPG3VNF
・M2_2スロット(Gen3x2)
同上
グラフィックスカードMSI GeForce GTX 1660 SUPER AERO ITX OC [PCIExp 6GB]
ケースFractal design Define Mini C(MicroATX)
電源玄人志向 650W 高効率電源ユニット(プラグイン仕様)80Plus Gold
KRPW-GK650W/90+
自作PC、ver.2021.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です