SketchUp Ruby Code Editorを試す

SketchUp Ruby Code Editorを試してみました。

インストールはすごく簡単。サイトからRuby Code Editorをダウンロードして、SketchUpのPluginsフォルダへ展開するだけ。
SketchUpを再起動すれば「ウィンドウ」メニューに「Ruby Code Editor」という項目が追加されるので、それを選んでエディタを表示します。

で、実際にサンプルをロードして実行してみたところ。
ソースコードがきれいに色分けされて表示されていて読みやすい。
「Reference Browser」タブを選ぶとAPIリファレンスが表示されるので、学習用にはもってこいです。

使いやすいけど、あくまでエディタなので、やっぱりデバッグ機能はない。

しかし、なんでSketchUp自身でIDEを用意してないんだろ。簡単なものでもあれば、開発者の裾野が広がるのに、不思議です。

つづくかもしれない。

コメント

このブログの人気の投稿

TabError: inconsistent use of tabs and spaces in indentation

マクロを含んだ.XLSがExcel2010で開けない

using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。