XAML,ソースコードでツールチップを定義する

ちと必要に迫られて、WPFアプリケーションでツールチップを試してみました。
下図のような感じで、説明文の他、図や写真を含むツールチップを表示してみます。

その1) XAMLで記述してみる。
ツールチップを表示するコントロールのToolTipプロパティを以下のように指定する。
<Label Height=”28″ Margin=”60,38,87,0″ Name=”label1″ VerticalAlignment=”Top” >     <Label.ToolTip>         <DockPanel >             <StackPanel Orientation=”Vertical”>                 <TextBlock><Bold>ツールチップ</Bold></TextBlock>                 <TextBlock>コントロールの説明を表示します。<LineBreak/>図や写真を使うこともできます。</TextBlock>                 <Image Source=”Imagesgraph.png” />             </StackPanel>         </DockPanel>     </Label.ToolTip>     XAMLでツールチップ </Label>   意外と簡単というか、こんな簡単にツールチップを定義できる(XAMLってすげーっ!!)
その2) ソースコードを使ってツールチップを定義する 同じ処理をソースコードで行うと以下のような感じになる。
XAMLに比べると記述が長くなるのと、やっぱり直感的に表示されるツールチップのイメージがわかないですね。

// ツールチップ System.Windows.Controls.ToolTip toolTip = new System.Windows.Controls.ToolTip();   // StackPanel StackPanel stackPanel = new StackPanel(); stackPanel.Orientation = Orientation.Vertical;   // タイトル TextBlock title = new TextBlock(new Run(“ツールチップ”)); title.FontWeight = FontWeights.UltraBold; stackPanel.Children.Add(title);   // 説明文 TextBlock description = new TextBlock(); description.Inlines.Add(new Run(“コントロールの説明を表示します。”)); description.Inlines.Add(new LineBreak()); description.Inlines.Add(new Run(“図や写真を使うこともできます。”)); stackPanel.Children.Add(description);   // イメージ Image image = new Image(); image.Source = new BitmapImage(new Uri(@”Imagesgraph.png”, UriKind.RelativeOrAbsolute)); stackPanel.Children.Add(image);   // DocPanel DockPanel docPanel = new DockPanel(); docPanel.Children.Add(stackPanel); toolTip.Content = docPanel;   // ラベルにツールチップを設定する lbl2.ToolTip = toolTip;