Apple Wireless KeyboradをPCで使ってみる。

いままでPCを買ったときについてきた、ごくフツーのキーボード使っていたんですが出来心で変えてみました。

もともとは、締め切りに押されて長時間キーを叩いていたら手が痛くなったのが始まりなんですが、フツーについているキーボードってキータッチが重いですよね。これから年度末にかけて、さらに忙しくなりそうなので、なんか対策ないか考えてて目に留まったのが自宅にあったAppleのWireless Keybord。

これ、けっこう打ちやすいんですよ。それに、さすがのAppleデザインで見栄えもいいし。

難点はBluetoothってとこなんですが、PC用のアダプタ調べたら千円ぐらいで買えるので、試しにつないでみました。

構成は以下の通り。

DELLのDesktop

OS:Windows7

LogitecのBluetoothアダプタ(LBT-UAN01C1)

これ東芝のドライバーが付属してきますが、OSに普通に入っているので大丈夫です。

認識させると、すぐに使えるようになりますが、困ったことにキーのアサインが違ってて使いにくいことこの上ない。

で、ググってみたら、やっぱりあるものですね。AppleK Pro(お試し版)というユーティリティをダウンロードしてインストールしたらひとまず使えるようになりました。

使ってて困ったこと。

・アプリケーションによっては[delete]キーが認識されない。他にもあるかも。

・突然使えなくなる。Webアプリを使っているときが多いような気がする。とつぜんキーボードが認識されなくなるんだけど、これはPCの問題かも?

・Macと両方使っていると混乱する。これは個人的な癖だと思うけど画面に合わせてキーの打ち方が変わります。画面がWindowsなのにキーのレイアウトがMacってのがどうも混乱します。

・Alt+Tab と command+Tabを押し間違える。レイアウト的にAltとCommandが近い位置にあるので、間違えやすい。

・Alt+Ctrl+Del = opton+command+esc がどうもしっくりこない。ショートカット全般そうですが、無意識に押すのが普通になってキーの組み合わせは押しにくいです。

使い始めて一週間。長文を打つにはApple Wireless Keybordが楽だけど、それ以外はふつーのキーボードの方が操作しやすい感じです。

やっぱPC用に打ちやすいの探すのかなー。。。